第4回寿司友会 Sushitomokai_Oct 7 2017

第4回寿司友会 Sushitomokai

第4回目となる寿司友会を2017年10月7日に開催しました!

今回の参加者は4人。ドイツ人とフィリピン人と日本人2名で開催しました。

本日も朝から築地に行って仕入れしてきました。
今回の仕入は、捌いたことない赤貝と、前回仕入れできなかったボタンエビをメインに、
色々買って来ました。

本日のネタ

本日のネタはこちらです。

メバチマグロ 中トロ
赤貝
アジの酢洗い
真鯛の昆布締め
ボタンエビ
サーモン
やりいか
のどぐろ
玉子

そして、本日のマル秘ネタは・・・

煮アナゴの炙りです。

巻き寿司のネタとして、
まぐろ
サーモン
玉子
とびっこ
アボカド
きゅうり
等を用意しました。

また、本日の前菜は大根といかの煮物です。するめいかの肝を和えて、
クリーミーでコクがある仕上がりになりました。

椀物は真鯛、アジ、のどぐろのアラと、ボタンエビの頭を煮込んだ魚骨スープです。
丁寧に血をとったので、臭みなく、濃厚でした。

握り体験開始

宿の宿泊客として参加していただいた、ドイツ人のBastiさん。なんと寿司をほとんど食べたことないとか・・
しかし、非常に几帳面で一つ一つ丁寧に握っています!

巻き寿司も丁寧にしっかりと、動作を確認しながら・・・

寿司友会史上、最高傑作ができました! 色合い、断面の揃い方といい、Basti、すごい!

感想と今後に向けて

赤貝やのどぐろといった魚がどれくらい受け入れられるかのトライでしたが、あまり印象に残ってなさそうでしたね。それより、自分の見たことある食材や、
巻き寿司の具材をもっと色とりどりにするほうが、体験としては楽しいのかな、と。

ターゲットをどこに当てるのか。築地でしか手に入らない高級食材をふんだんに使った寿司会にするのか、それとも楽しくワイワイする雰囲気を重視し、高級ネタは数種類にして、それ以外は親しみのあるいつもの食材を使うとか。

ボタンエビとアナゴはとても美味しいといってくれましたね。次回はわかりやすい高級ネタ(大トロやウニなど)をメインに、
それ以外は遊びも含んだ多種多様な食材でチャレンジしてみようかなと思います。

 

最新イベントはこちらからどうぞ!